スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

そして彼は今どうしているのか?

結局就職という道を選ばず経営者という道を選んで頑張っている。
別れた奥さんとも連絡を取りながら何とか生きているみたいだ!
そして彼はもしもの為にと子供の名前で貯金をしているらしい、カードを奥さんに渡して・・・いつでも使って良いと言って在るらしいが奥さんは一切手を付けないで居るそうだ。どっちが意地を張っているのかは分らないと言っていた。そんな彼にこの間、彼女から連絡が在ったらしい・・・再婚すると・・・。

彼の目からは大粒の涙が流れていた・・・はじめて見る涙だった。

そして彼は言った・・・
俺はたった一人の人も守ることが出来なかった・・・
幸せにしてやる事ができなかった・・・
最低な人間だ・・・と・・・
俺は何のために生まれてきたのか分らない。とも言っていた。

でもそんな彼にも唯一の救いが在った。
子供の存在らしい・・・

子供とはいつでも会えるらしく、最近いわれたらしい・・・
『ぼくには「父」と「お父さん」の2人が居るから幸せだと・・・父が嫌いになったらお父さんに、お父さんが嫌いになったら父の所に行けるからぜんぜん淋しくなんか無い・・・』と・・・

なんとも健気な子供ではないか・・・とても小学生とは思えない。そして彼は息子に手紙を渡したと言っていた。内容はさすがに言わなかったが・・・

ここで俺は1つ疑問に思うことがある。それは・・・
他人の子供を心の底から愛する事が出来るのか・・・もし自分の子供が出来たとしても自分の子供と同じ様に愛情を注ぐ事は出来るのか?と言う事である。母親にして見ればどっちも自分の子供である訳だが、父親から見れば一人は他人の子供なんですよ!当然逆の立場の場合も在るわけです。どっちも自分の愛した人の子供には代わりは無いのですが・・・本当にその愛と言う力だけで平等に育てる事はできるのか?これに関してはその人の性格・人格・感情やその時の環境・状況によってけっこう変わるとは思うが・・・どうなんだろう?たぶんいくら議論した所で結果は出ないと思うが・・・
やっぱり大人の都合と言う事で片付けられてしまうのだろうか?
もしそうだとしたら余りにも子供が可哀想ではないか?


スポンサーサイト
01 : 00 : 24 | 過去 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<ブルームーンだそうです。 | ホーム | 社会的立場の崩壊そして彼は・・・②>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

伊  織

管 理 人 :伊 織
いらっしゃいませ。このブログについてはこちらを読んで頂ければ少しは理解して頂けると思います。
気軽にコメントなどして頂けると、励みになります。
又、宣伝等のコメントは、管理人の判断で削除させて頂きます。

最近の日記

コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去の日記

2012年 03月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【2件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【2件】
2010年 02月 【3件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【1件】
2009年 08月 【9件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【3件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【8件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【6件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【4件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【8件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【5件】
2008年 04月 【5件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【8件】
2008年 01月 【12件】
2007年 12月 【20件】
2007年 11月 【11件】
2007年 10月 【17件】
2007年 09月 【20件】
2007年 08月 【15件】
2007年 07月 【25件】
2007年 06月 【19件】

カテゴリー

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。